HOME » 理想のフェイスラインが手に入るリフトアップの種類 » こめかみリフト

こめかみリフト

このページでは、美容クリニックで行われている注目のフェイスリフト施術・こめかみリフトを紹介しています。

こめかみリフトとは

こめかみリフトとは、いわゆるリフトアップ手術のこと。クリニックによって名称は若干異なりますが、生え際の目立たない部分にメスを入れ、余分な皮膚と筋膜(SMAS)を引き上げることでたるみを解消します。

こめかみ部分の切開によって、特に高い効果実感が得られるのは目元のたるみです。すっきりすることで効果的な若返りが図れますし、頬などのたるみ手術よりもダウンタイムが少なくて済みます。「中顔面から首までのたるみはまだそれほど気にならない」と言う人には、特におすすめの方法と言えるでしょう。

こめかみリフトは、糸によるフェイスリフトよりも効果実感が早く、しかも長期に渡って持続します。肌にメスを入れることに抵抗がない人は、ぜひ挑戦を。中長期的な目で見れば、コストパフォーマンス的にも優れた方法です。

施術の詳細

  • 費用目安…50万円前後
  • 時間…1~2時間
  • 麻酔…表面/静脈麻酔
  • ダウンタイム…1週間程度
  • 効果持続…3~5年

こめかみリフトの気になるダウンタイム詳細としては、腫れや内出血が挙げられます。とは言え本格的なフェイスリフトに比べると症状は軽く、1週間程度で落ち着いていきます。クリニックから痛み止めや抗生剤などが処方されるはずですので、上手に活用しましょう。また切開の傷跡は、数ヶ月程度で目立たなくなります。

術後の経過観察は必須です。1週間後の抜糸も含め、最低でも2~3回は通院することとなるでしょう。

メイクアップやシャワーは当日から可能ですが、手術部位周辺は避けることが前提。また入浴は3日後から可能となっています。

リフトアップ術のバリエーションが豊富な美容クリニック厳選集

たるみレベル別で
異なるフェイスリフト

理想のフェイスラインが
手に入るリフトアップの種類