HOME » 顔のしわ・たるみを解消したいなら知っておきたいこと » 原因とメカニズム

原因とメカニズム

このページでは、顔のたるみの原因を調査しています。

顔のたるみの原因とは

鏡を見るたびにため息を誘う、顔のエイジング現象にはさまざまな種類がありますが、なかでも深刻なのが、たるみ。

頬や口元、そして顎などがたるんで下がってくると、シャープな印象は損なわれ、老け顔が加速していきます。

一体何が原因で、顔のたるみが生じてしまうのでしょうか?

肌の弾力低下

本来肌の真皮層には、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった成分が備わっています。そのお陰で肌は瑞々しく、弾力のある状態に保たれているわけです。

しかし加齢により、それらの成分を生成する「線維芽細胞」の機能が低下するため、肌の弾力は年々低下。ハリを失った肌はたるみを引き起こしやすくなっていきます。

顔面に走る筋肉の衰え

顔面には「表情筋」と「深層筋」の、2種類の筋肉が走っています。このいずれも、加齢により衰えます。表情筋は皮膚の直下にあり、皮膚、そして脂肪を支えています。

また深層筋は表情筋を支え、顔全体に血液を送り届けています。この2種類が衰えることで、顔のたるみは加速していくのです。

生活習慣の乱れ

「と言うことは、齢をとると顔のたるみを避けることはできないというわけ…!?」、そんな悲鳴が聞えてきそう。この疑問は半分正しく、半分誤っていると言えます。

確かにたるみは顔の老化現象ですから、ある程度避けられないでしょう。しかし、生活習慣の中にもたるみの一因が隠されていることを知っておいてください。

顔のたるみを引き起こす生活習慣

下記のような生活習慣と老化が重複することで、肌のたるみはどんどん進んでしまうのです。要注意ですね。

リフトアップ術のバリエーションが豊富な美容クリニック厳選集

たるみレベル別で
異なるフェイスリフト

理想のフェイスラインが
手に入るリフトアップの種類