HOME » たるみのレベル別で異なるフェイスリフト » フェイスラインが大きく崩れた重度のたるみ

フェイスラインが大きく崩れた重度のたるみ

フェイスラインが崩れるなど、重度のたるみを意識している人に最適な、肌のリフトアップ法をリサーチしています。

フェイスラインが崩れる!重度のたるみに効くリフトアップとは

「老け顔」を決定づけてしまう、肌のたるみ。特に30代後半~40代になると症状が加速することで知られています。たるみには大別して軽度~中度~重度のレベルがあります。このページでは、重度のたるみについて考えていきましょう。

重度のたるみの症状

  • 筋膜が衰え、肌が土台からたるみはじめている。
  • ところどころで皮膚が下垂し、フェイスラインを崩している。
  • まぶたが下がり、どんよりとした目付きになっている。
  • 肌からは弾力やハリがなくなり、シワも多く発生している。

重度のたるみの場合、症状が真皮を通り越して筋膜にまで達しているため、かなり深刻です。特に40代以降はコラーゲンやエラスチンの生成量も減少するため、たるみが加速してしまうのです。

ここまでたるみを放置してしまうと、もはやホームケアやエステサロンの施術では改善できません。美容クリニックで行われている以下のような施術の情報を、ぜひ積極的にチェックしてください。

施術名 費用相場 特徴
糸治療 15~40万円程度 糸によるリフトアップは「引っ張るタイプ」と「埋め込むタイプ」の2種類があります。
たるみが重度の場合、「引っ張るタイプ」が有効。
顔の一部分に糸を固定し、たるみを引き上げるため、フェイスラインが復活しやすくなります。
施術名 費用相場 特徴
ナチュラル
フェイスリフト
(手術)
100万円程度 いわゆるリフトアップ手術。
耳元など傷跡の目立ちにくい部分を切開し、皮膚と筋膜のたるみを、一度に引き上げます。
クリニックで行われるたるみ改善術の中で最も効果的であり、長期間持続します。
費用やダウンタイムはそれなりにかかりますが、重度のたるみを改善する唯一無二の方法です。

いかがでしょうか?たるみの進行を食い止めるためには、早めの対策が肝心です。医師によく相談のうえ、最適な方法を実践してください。

リフトアップ術のバリエーションが豊富な美容クリニック厳選集

たるみレベル別で
異なるフェイスリフト

理想のフェイスラインが
手に入るリフトアップの種類