HOME » たるみのレベル別で異なるフェイスリフト

たるみのレベル別で異なるフェイスリフト

このカテゴリでは、顔のたるみへ効果的にアプローチするフェイスリフト法を、たるみのレベル別に紹介しています。

「肌に若々しい弾力やハリが見られなくなってきた」と自覚したら、要注意!たるみの魔の手は、もうすぐそばにまで迫ってきています。

シミなどの加齢現象は、メイクアップで何とかごまかせるもの。しかしたるみが進行してフェイスラインを崩してしまうと、老け顔街道まっしぐら。若い時にはシャープな輪郭が目鼻立ちを何倍も引き立てていた顔も、一気に「おばあさん」の領域へと進んでしまうのです。

特に40代を過ぎると、体内のコラーゲン、エラスチンといった美肌成分の生成が大きく減少していきますので、肌が皮膚を支えられなくなり、たるみが加速してしまいます。

そんな恐ろしい「たるみ」には、大別して3つのレベルがあります。本カテゴリには、以下のページを用意しました。

肌の緩みが気になる軽度のたるみ

肌のたるみは、早い人で20代から自覚症状が現れてきます。しかしまだこの段階なら、クリニックでの施術で肌にハリと弾力を甦られることも可能!急いでたるみ予防を検討しましょう。

肌の緩みが気になる「軽度のたるみ」についてもっと知る

しわ・ほうれい線が目立つ中度のたるみ

「日に日にほうれい線が深くなる…」という現象は、たるみが真皮層にまで及んでいることを示す危険な兆候です。しかしここであきらめてしまうと、老け顔がどんどん進行してしまいますから、要注意。クリニックで行われる改善術情報をまとめているので、ぜひ診療を検討してください。

しわ・ほうれい線が目立つ「中度のたるみ」についてもっと知る

フェイスラインが大きく崩れた重度のたるみ

たるみを長期間放置してしまうと、その進行は皮膚を通り越し、筋膜にまで及んでしまいます。ここまで症状が進んでしまうと、まとまった出費と一定のダウンタイムを覚悟のうえで、改善に臨まなければなりません。その症状を、クリニックで行われる改善術とともに紹介していきます。

フェイスラインが大きく崩れた「重度のたるみ」についてもっと知る

ぜひ各ページの内容をチェックしてください。そして、自分自身のたるみはどのレベルにあてはまるのかを考え、最適な改善法を実践するためにお役立てくださいね。

リフトアップ術のバリエーションが豊富な美容クリニック厳選集

たるみレベル別で
異なるフェイスリフト

理想のフェイスラインが
手に入るリフトアップの種類